Vol.91 さぁ、ラストスパートだ!

進学塾ニュートン

お電話はこちら

【多田校】〒666-0124 兵庫県川西市多田桜木2丁目11-38 吉永ビル多田駅前Ⅲ 3階
【塚口校】〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目17-9 塚口ビル 3階
【川西能勢口校】〒666-0016 兵庫県川西市中央町3-2 川西北ビル 3階

開校時間 13:00~22:00 (平日・土曜)

Vol.91 さぁ、ラストスパートだ!

多田校 講師コラム

2024/01/29 Vol.91 さぁ、ラストスパートだ!

中3生は今月に国私立と公立推薦、来月に公立一般の入試がいよいよ始まります。私は中3生の指導に携わり5年となりますが、毎年この時期にさせていただく話があります。

この時期の受験生は自分自身では平常だと思っていても、これまでとは気持ちの持ち方が変わってきているはずです。「あれもやらないと」「これもやらないと」など誰しもがそう思うことでしょう。そんな時によくやりがちなのが、「ラストスパート」と称して、これまでにないペースを勉強をしたり、新たな知識を吸収したりすることです。

皆さんの中には「ラストスパート」と「一夜漬け」を同義であると捉えている方が少なからずいらっしゃるかと思います。これらは全く意味の違う言葉で、「ラストスパート」とは、最後に(Last)全速力を出す(Spurt)ことです。つまり、闇雲に勉強時間を増やしたり、睡眠時間を削ったり、新しい問題集に手をつけるということではありません。言葉の意味の通り、物事のゴール(試験本番)に向け、最高の力を出すための準備をするという意味です。

例えば、マラソンの選手などを見て分かるように、スパートの掛け方は人それぞれです。他の人の様子を伺うのではなく、自分のペースでゴールに辿り着くのが理想なのです。そのため、受験までのあと少しの期間はペース配分が重要となります。「○○さんがあれだけやっているから私も!」ということではなく、自分に合ったスタミナで生活リズムを整えることに勝利があります。

この話をした時に、「この時期の勉強法は?」と聞かれます。大きくわけて2点をご紹介します。1点目は過去問のやり直しです。過去問というのは、その学校の傾向を知るための一番の資料です。間違えた問題だけをやり直すノートを作り、何度も復習をしましょう。2点目は暗記の徹底です。勉強は必ずしも机に向かってするものではありません。これまでとは違う場面で暗記を行うことで、脳へのインプットがしやすくなるかもしれません。

泣いても笑っても、あと少しで受験本番を迎えます。この時期の過ごし方で結果は大きく変わります。あともう一踏ん張りだ!最高のコンディションで本番を迎えることができるよう、最後まで全力で指導させていただきます。

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■
進学塾ニュートン 多田校
【電話番号】
多田校:072-744-1511
塚口校:06-6423-9889
川西能勢口校:072-744-5666
【開校時間】
13:00~22:00(平日・土曜)
■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP

無料体験授業