Vol.52 勉強する姿勢(2020年11月)

進学塾ニュートン

多田校 072-744-1511
塚口校 06-6423-9889

【多田校】〒666-0124 兵庫県川西市多田桜木2丁目11-38 吉永ビル多田駅前Ⅲ 3階
【塚口校】〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町2丁目17-9 塚口ビル3階

開校時間 13:00~22:00 (平日・土曜)

Vol.52 勉強する姿勢(2020年11月)

多田校 講師コラム

2020/11/20 Vol.52 勉強する姿勢(2020年11月)

朝晩と日中では気温差があって、自分と家族の体調が気にかかる時期となってきました。その分、受験生に取りましては、入試が近付いている事を、実感する季節でもあります。

こうした折、私は、時々、中三生に、「(何のために、ではなく)誰のために、勉強している?」と尋ねる事が有ります。ほぼ100%、「自分のため!」という答えが返ってきます。

確かに、その通りだと思います。ただ、「自分のため!」だけでもないように感じているのは、私だけでしょうか?仮に「自分のため!に勉強している」ということを、余りにも強く意識すると、どうなるでしょうか?

”ハリネズミ”になってしまいます。ある学者は、”ハリネズミ”は、「体を丸め,自分は柔らかな体毛の中で温まる。…しかし…他者に向かってたくさんの鋭い針を突き出す」と述べました。

これは、あくまでも、”ハリネズミ”の本能から来る習性です。でも、人間の行動に関連付けますと、”自分のことばかり考え過ぎて、自己中心になって、それが度を超すと、周りの方々に対して攻撃的になってしまう”という示唆を与えます。そのような人は幸せでしょうか?

逆に、自分にのみならず、他の人にも目を留めていく事が、幸福の本質であるように思えてなりません。今に今、お子様が、勉強した内容を他の人のために活用するのは、難しいように感じます。

そこで、私は、将来に出会う可能性のある方々、言い換えれば、必要な教育を受けた後、社会に出て、社会に貢献しようとする時に出会う方々に、お子様の注意を向けられれば、と思っています。

他の方々の事を気遣って、出来る事を見付けて、それを行なって差し上げられる人になるために、今、勉強している、ということを伝えたいです。将来の、お子様の幸福を願っているからです。

木村淳美

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

進学塾ニュートン 多田校

【住所】
〒666-0124
兵庫県川西市多田桜木2丁目11-38 吉永ビル多田駅前Ⅲ 3階

【電話番号】
072-744-1511

【開校時間】
13:00~22:00(平日・土曜)

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP

無料体験授業