Vol.23 指導者として(2018年6月)

進学塾ニュートン

072-744-1511

〒666-0124 兵庫県川西市多田桜木2丁目11-38 吉永ビル多田駅前Ⅲ 3階

開校時間 13:00~22:00 (平日・土曜)

Vol.23 指導者として(2018年6月)

講師コラム

2019/02/12 Vol.23 指導者として(2018年6月)

いつもお電話や面談でお話をする機会を頂きまして、本当にありがとうございます。私は指導をする立場の人間なので、生徒さんがが間違ったことをされていれば、注意をし、然るべき方向へと改善させます。ただ指導者が「これでいい」と判断したことが間違っていた場合、その影響は必然的に多大になるので、仮に私がどんな正論を持っていたとして、その方にとって「今これを言うのは荷が重過ぎるかな」と判断した場合、段階を踏んだ適切な指導に切り替えます。

 

これは倫理的な問題でもそうですし、成績を上げるための勉強方法を指導するときでも常に、生徒さんの力量を見て判断致します。具体的に申し上げると、生徒さんの限界から少し差し引いた分量で暗記や演習の負荷をかけて行きます。生ぬるい指導では生徒さんは絶対に伸びませんし、かといって過度な負担を与えても生徒さんはプレッシャーに潰れてしまいます。

 

ただこれには一つだけ「ひっかけ」があって、指導をし、影響を与える人間というのは何も塾講師だけではないという点です。いつも電話や面談をさせて頂いている中で「本当に点数を取らせてあげたいな」とひしひしと感じるのですが、講師一同、生徒さんの力量を見ながらトランプのピラミッドを組み立てるような慎重な思いで指導をしている中、一時の感情で勉強をやめるというご判断をされてしまう方が何人かおられ、その子が積み上げてきたものを全て崩してしまうような思いで残念に感じます。

 

保護者様も立派な指導者です。不安だから子供を叱ってしまう、不安だから「努力を怠っている」と考えてお子さまに怒ってしまう。導いていくべき立場にあるものがこのように感情的になってしまっては、導かれる側がどんなに努力していようと結果が付いてくるはずがありません。まず、ニュートンにお通いになられている生徒さんで努力をされていない方は一人足りとていらっしゃいません。勉強は一朝一夕でどうこうなるものではなく、お子さまの多大なる努力が長期に渡って継続して初めて、芽が出るものです。その努力を1年でも2年でも続けていけるよう我々講師陣一同、ただ授業をするだけでなく生徒さんの気持ちを作り、そのモチベーションを維持してあげる、大変な時期には精神的なフォローアップもしっかりと行うことを肝に銘じて指導にあたっております。ですので何かご不安なことがございましたら、是非ご決断をされる前に一度ご相談頂ければ幸いです。

                                                                                      橋口佑太

TOP

無料体験授業